• サイトTOP
  • 貿易お役立ち情報
  • 【経験談あり】貿易事務のやりがいって?貿易事務でキャリアを積むメリットをご紹介します!

貿易お役立ち情報

2019/12/06
  • コラム
  • 貿易基本情報
【経験談あり】貿易事務のやりがいって?貿易事務でキャリアを積むメリットをご紹介します!

数ある事務職の中でも貿易取引に特化し、専門性の高い知識と経験が身につく「貿易事務」というお仕事。

貿易事務職の方は、お仕事のどんなところにやりがいや楽しさを感じ、キャリアを築くメリットを感じているのでしょうか。

経験談をベースに、貿易事務職の魅力をご紹介します。
貿易事務職を目指す方にとっては今後の心構えとして、キャリアアップを目指す方にはモチベーション向上のヒントになるはずですよ。


目次

貿易事務は経験・知識を活かして長く活躍できるお仕事
経験談①英語を使って、国際ビジネスの最前線に携わることができる
経験談②トラブルなく取引を終えた際の達成感が得られる
経験談③コミュニケーションスキルが磨かれる
あなたも貿易事務として活躍の幅を広げませんか?


貿易事務は経験・知識を活かして長く活躍できるお仕事

貿易事務は、海外企業と商品の輸出入を行う商社やメーカーなどで、貿易取引に関する事務業務を担当するお仕事。
また、商社やメーカーの他に、輸出入者の通関や国際物流の手配を行うフォワーダー、船会社や航空貨物代理店でも貿易事務のお仕事があります。

貿易事務に求められること

それぞれの業界・業種で仕事内容は異なりますが、実務を円滑に進めるには、貿易特有の専門用語の理解、貿易取引の流れや書類に関する知識、英語力(特に英語を読み書きする力)が求められるのは共通しています。

貿易事務のお仕事の特徴

貿易実務の知識やスキルは、一朝一夕で身につくものではありません。
そのため、現場で経験を積んで実務スキルを身につければ、次の転職の際に「貿易事務経験者」として有利になりますし、「専門スキルのある人材」として長く活躍することができるでしょう。
転職して貿易実務で取り扱う商品や商材が変わっても、貿易取引の基本的な流れはさほど変わらないため、「スキルを活かしながらステップアップし、キャリアに広がりを持てる」というのも貿易事務の魅力のひとつ。

実際、貿易事務経験者の方からは「最初は業務についていくのが大変だったけれど、経験を積むうちに着実にスキルアップできた」「転職時は、経験が評価されてお給料もUPした」といった声もよく聞かれます。


続きはこちらから



筆者:みんなの仕事Lab(シゴ・ラボ) Powered by PASONA